カッチリトリマーアルバイト
カッチリトリマーアルバイト
ホーム > 葉酸サプリ > 葉酸は妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です!

葉酸は妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です!

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。その効果は厚生労働省が妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。

 

摂取した葉酸ですが、葉酸は水溶性なので尿などに混じって排出されています。

 

ですから、体内に溜まっていくことはほぼ無いと言っていいでしょう。それでは、どれだけ摂っても問題ないのかと言うと、そうでもありません。

 

葉酸を過剰に摂取すると、最悪の場合、呼吸障害や発熱、かゆみといった副作用を発症する恐れがあります。

 

サプリは葉酸の摂取を手軽に済ませてくれる便利なものですが、過剰摂取には十分注意し、提示されている規定量を超えないように気を付けてください。

 

妊娠する前の段階で適切な葉酸の摂取を厚生労働省が推奨しているって何かの雑誌に書いてあったので、意外でした。

 

その記事によると、葉酸は、胎児が元気に成長するための重要な働きをする栄養素だという事が分かりました。

 

ビタミンBのひとつなので、野菜や果物などにも含まれているようですが、私は普段の生活では野菜をあまり食べていないので、そういう場合は葉酸のサプリを飲んでも良いそうですから、ちょっと安心しました。食事や栄養についての不安が無くなるように、自分に合ったサプリを選んで健康的な赤ちゃんを授かれるように、努力していきたいです。

 

胎児や母体にとって、必要な栄養素の一つとして「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。

 

ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、十分な摂取によって、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。厚生労働省の発表によりますと、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。

 

胎児が健康的に成長するためにも、今、妊娠されている方だけでなく、妊活中の方も葉酸を摂った方が良いと思います。

 

ベビ待ち夫婦におすすめする葉酸サプリ!